登校、登園の目安

下記病気の場合、登校・登園に医師の診断による意見書が必要です。

 

麻疹

熱が下がった後、3日を経過し元気な時

 

風疹

発疹が消えてから

 

みずぼうそう

すべての発疹がかさぶたになってから

 

おたふくかぜ

耳下腺、顎下腺または舌下線の腫れが始まった後5日経過し、かつ全身状態が良好であること。

 

ヘルパンギーナ

熱が下がり、食事も十分に摂取できて元気な時

 

手足口病

発熱・食欲不振・頭痛・吐き気がない場合

 

伝染性紅斑(りんご病)

合併症(関節炎・貧血・脳症等)がなくなってから

 

溶連菌感染症

熱が下がり、有効な抗生物質を1~2日間内服できてから

 

乳児嘔吐下痢症

発病後7~8日たってから下痢が治まってウンチが普通便になってくるまで

 

感染性胃腸炎

発病後3~4日たってから

 

マイコプラズマ・肺炎

発病後1週~後1~3ヶ月

 

突発性発疹

熱が下がって元気な時

 

とびひ

発疹が乾燥し、ガーゼで覆えるようになってから

 

インフルエンザ

発症後5日を経過し、かつ解熱後2日経過するまで。(幼児にあたっては解熱後3日を経過するまで)

 

→こちらから確認できます。

http://flu.kids.coocan.jp/

 使い方

まず発熱日を確認する。

右の解熱日を確認し(小学生以上と未就学児で異なる)その日までに解熱していれば、左の出席可能日から登園・登校可能です。

解熱日が1日遅れれば、出席可能日は1日ずつ遅くなります。